ぬいぐるみの可愛いインテリア収納〜どこにでも置ける手織りかご〜

2019.01.29
おもちゃの収納

たくさんあるぬいぐるみの収納、どのようにしていますか。

できるなら、可愛くみせておきたいと思う方が多いはず。ぬいぐるみをインテリアとして並べていたり、枕元や窓際が自然と収納スペースになっている方もいるかもしれませんね。

ぬいぐるみが増えるたびに、インテリアとして楽しみたい、でもなんとか収納したいと試行錯誤を繰り返す毎日。そこでおすすめなのが、自然素材の手織りかごです。今回は気軽に使える手織りかごをぬいぐるみ収納としてご紹介します!

ぬいぐるみを可愛くおしゃれに、インテリア収納!

ぬいぐるみ好きの方は、決まった種類のぬいぐるみをコレクションしていたり、大好きなキャラクターのものがあったり、遠出した際はご当地ぬいぐるみを買うのが楽しみという方も多いと思います。お気に入りのぬいぐるみがお部屋にあるだけでも、気分があがりますね。

可愛いぬいぐるみ達はできれば全部、インテリアとして飾って収納したいけれど、小さいものから大きいものまで種類もいろいろ。スペースも限られてきてしまうと、どうしたものかと困ることもあります。そのようなときは、自然素材の手織りかごに収納してみてはどうでしょうか。

かごの魅力はまず抜群の収納力。かごの間口は、まるで「ここにどんどん入れてね!」と言っているかのように大きく開いています。間口が広いので、出し入れも簡単な上、すぐに探しだすことができますよ。

また、かごそのものがインテリアアイテムなので、ぬいぐるみの収納と共に、子供部屋やリビングをおしゃれに飾ることができます。お部屋の雰囲気や気分でぬいぐるみを入れるかごの色にもこだわってみても楽しいですよ♪

自然素材の手織りのかごなら、どこに置いてもインテリア♪

手織りかごにどんどん収納されるぬいぐるみたちですが、かご入れした状態なら、リビングの片隅に床置きしたり、テーブル下に置いたり、寝室や玄関まわりにあっても、お部屋の雰囲気を邪魔するようなことはありません。

それは自然素材ならではの優しい風合いがナチュラル感を演出してくれるから。素材が放つ柔らかい雰囲気とぬいぐるみの可愛らしさは相性ぴったりです。ぬいぐるみ収納がインテリアとして、とても可愛く、そこに存在してくれます。

クッション代わりに使うぬいぐるみは、大きめのかごに入れてソファ横に。リビングにあるブランケットや雑誌、本なども一緒にかご収納にしておけば、ソファまわりがすっきりきれいになりますよ。

ミニサイズのぬいぐるみは、ベッド横のチェストのインテリアとして収納すれば、片付けしながらも寝室の和み空間を後押ししてくれます。玄関にはお客様をお出迎えするように、ちょこんとさりげなく置くのがおすすめです。

自分の最近のお気に入りのぬいぐるみは、かごから顔を覗かせていつも見えるところにおいてあげると、毎日ほっこり気持ちが和みます♪

まとめ

可愛いぬいぐるみ。増えてきたからと言って簡単には処分できませんよね。自然素材のかご入れなら、ぬいぐるみをインテリアとして飾る手助けをしながら、しっかり収納アイテムとしての役目も果たしてくれます。お部屋のどこにおいてもしっくり馴染みやすいかごは、インテリアアイテムとしても優秀です。

ぜひ、ぬいぐるみのある毎日の暮らしに、インテリアかごでもあり、収納かごでもある手織りのかごを取り入れてみてはいかがですか♪