読書習慣にも役立つ子供の本の収納術

2019.1.29
本・雑貨の収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ チェッカーライン ピーコックブルー・ナチュラル

子供の本の収納場所はどんな時代のお母さんも困ってきたのではないでしょうか?

小さな子供のうちに、色んなジャンルの本を読んで興味を広げて欲しい。読書する習慣を身に着けてほしい。そんな想いから増えていく本と比例して、収納に関する悩みも増していくものです。

子供が読み散らかした本を整理するたびに、本を読むのは嬉しいけど片付けや整頓も一緒に覚えて欲しいと感じることも多いのではないでしょうか。

今回は、そんなご家庭に役立つかごを活用した子供の本の収納方法をご紹介します。

子供が本を読む習慣づくりにも役立つかご収納

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ツーピース イエロー・オレンジ

読書は小さいうちから身につけた方がよい習慣の一つです。たくさんの本に触れて感性を磨いたり関心分野を広げたりしてほしいと願う親の気持ちはどのご家庭にもあるのではないでしょうか。しかしながら、単に本棚に本を並べてもなかなか手に取ってくれない、本を読む習慣が根付かない、なんてことはよくある話です。

子供に本を読む機会を増やす一つの方法は、子供自らが本を手に取りやすい場所に置いてあげることです。

手の届きにくい本棚に全てを並べるのではなく、一部の本は床に置いたかごに入れて子供がいつでも取り出せる工夫をすることで本との接触機会は増えていきます。本棚だと見えている部分が全て背表紙になってしまいますが、かごに入れることで表紙がはっきり見えるので目につきやすく本への関心も高まりますよ。

複数の場所に置くのもおすすめです。子供部屋やリビングはもちろん、トイレやキッチン、玄関や寝室など、色々なところに色んな本を置いておくと、意外なところで読書習慣が身につくかもしれません。

例えばキッチンなどでは、お母さんの料理本や食材に関する本などと一緒に入れるのも一案です。本がある環境を当たり前にしてあげることが、自分から本を開く子供になる第一歩ですよ。もちろん、かごに入れる本は定期的に一緒に変えてあげることも大事なポイントです。新しい本をサプライズプレゼントとしてそっとかごに忍ばせておくのも喜んでくれるかもしれません♪

子供の本の収納習慣にも効果は抜群

使用ORIKAGO: 丸型Sサイズ ベーシック ライトグリーン

かごで子供の本を収納するメリットのもう一点は整理整頓が簡単な点です。かごはポンポンと簡単に入れられるので、子供の片付けにも向いています。

さらに、かごには色んなカラーやデザインバリエーションがあるので、子供と一緒に好きな色を選んであげることでさらに効果が上がりますよ。

また、先ほど紹介したように、子供部屋だけでなく幾つかのお部屋のかごがあれば、本の収納場所が増えるので、かごに入れる習慣もさらに身につきやすくなります。

まとめ

使用ORIKAGO: 丸型Mサイズ マーブル ベージュ・ナチュラル

今回はかごを活用した子供の本の収納術についてご紹介しました。

「言って聞かせる」よりもかわいいかごを「置いて待つ」といった環境を変えてあげる方法ですが、きっとお役に立つと思います。

子供の読書習慣や収納習慣を身に着けされることはいつの時代の親にとっても頭を悩ませる問題。子供が本を読む頻度が増やしたい、片付けできる子に早くなってほしい、そんな機会にはぜひ今回ご紹介した方法も試してみて下さい♪