折り紙の作品は、かご入れ収納が可愛い〜子供たちにもできる収納法〜

2019.1.29
本・雑貨の収納

子供たちが楽しそうに折り紙を折っている姿を見ると、ふと笑顔になっていませんか。

一緒に折り紙を楽しみながら、できあがった作品を見て成長を感じたりして。折り紙には思考力、想像力、空間認識力、手先のトレーニングになるなど知育効果があると言われていますね。おじいちゃん、おばあちゃんとも仲良く楽しめるところもいいですよね。ですが、どんどんたまるばかりでは困ってしまいます。

そこで、今回は楽しく折った折り紙の作品を、可愛くきれいに簡単に収納する植物製のかごをご紹介します!

折り紙の作品収納は、可愛いかご入れで簡単に!

子供たちが一生懸命折った折り紙の作品。

「よくできたね」「こんな難しいのも折れるようになったんだ」「ママにも教えて」などと教えたり教わったりして、折り紙はコミュニケーション力も育んでくれます。出来上がった作品を交換したり、おじいちゃん、おばあちゃんなど年代の違う人と触れ合う機会で学ぶことも多いはずです。

ならば、やっぱり「折り紙推奨派」になって、子供たちが折り紙をする機会を増やしてあげたいと思うもの・・。

そして出来上がった作品たちは、可愛いかご入れで簡単に収納するのはどうでしょうか。どんどん増えていく折り紙作品をまずは、かごにポンポン入れてもらいましょう。簡単、気軽な収納法なら、子供たち、おじいちゃん、おばあちゃんも楽チンです♪

かご入れの折り紙収納は、お部屋を可愛く彩るインテリアにもなりますよ。

「折り紙収納かご」がいっぱいになったら、整理のタイミング!

どんどん出来上がっていく折り紙の作品。嬉しいけれど、それらを全て取っておくのは大変です。

そこで子供たちとの約束。「折り紙かごがいっぱいになったら、整理しようね」と。

そう伝えておけば、きれいにすること、お片づけの習慣の大切さをわかってもらえます。かごの中から、取っておきたいものは自分で選んでもらうことで判断力をつけられるようにもなるかもしれません。かご入れで折り紙を収納して、どんどん作品を作ってもらって、たまったらしっかり整理。処分してしまう作品は、写真にとって保管しておけば、成長の記録&思い出として取っておくことができますよ。

棚やスペースに余裕があるなら〜折り紙とかごの色遊び〜

収納スペースに余裕があるなら、出来上がった折り紙作品の色に合わせて、かご色もセットにするとお部屋のおしゃなインテリアにもなりますよ。

折り紙と同じ色のかごに入れてあげれば、子供たちは大好きな色に囲まれて折り紙遊びを楽しむことができます。色の心理的効果は、子供の心の成長にも大切なもの。折り紙と一緒にかごの色遊びも楽しんでみてはいかかでしょうか。

ぜひ、好みのかごで可愛くカラフルに折り紙とお部屋を可愛く彩ってあげてください。

まとめ

子供の成長に役立つ折り紙。作品はその成長過程を確認できる大切なものです。思い出として残しておきたいのは山々ですが、すべて保管しておくのはなかなか難しいですね。

折り紙にたくさん触れてもらうために、まずは子供たちでもできそうな簡単かご入れ収納。作品はどんどん折っていいんだよ・・という環境をつくってあげたいですからね。